カードローンで食費の不足分を借りました

MENU

カードローンで食費の不足分を借りました

冠婚葬祭が続くことがあり、生活費が不足したことがあります。生活費が足りないと光熱費を節約するようになりますが、一番節約効果が高いのは何と言っても食費でしょう。しかし食費を削ることも難しい状態にあったので、取引中の銀行のカードローンから借りることになったのです。

 

銀行カードローンには安心感がありましたし、消費者金融より低金利に抑えられていました。カードローンを利用したのは初めてでしたが、その利便性に驚いたものです。カード1枚でいつでも借入・返済ができ、キャッシュカードで口座入金・出金するのと同じ感覚なのです。あまりに便利でハマりそうになりましたが、常に借金だということは忘れないようにしました。

 

借りすぎないようにして、借りても早めの返済を意識したのです。そのためか利息は少なく抑えることができ、返済に困ることはありませんでした。お金があればカードローンは不要だと当初は思っていましたが、緊急の事態は誰にでもあります。財布を落とすこともあるでしょうし、急な出費が続くこともあるでしょう。

 

そんなときにカードローンが1枚あると非常に助かりますし、実際に私自身も助けられました。単発的に借入するなら、これほど便利なローンはないでしょう。

即日発行できるカードローン

先日急な入院が決まったため、まとまったお金が必要になりました。そこで少し迷いましたが、カードローンに申し込むことにしたのです。早速申し込みをしたところ、簡単な必要事項に記入してその日のうちに審査を通過してカードを発行してもらうことができました。

 

審査に通るのか不安もありましたが、想像していた以上に素早い対応には驚きましたし、感心してしまったほどです。スタッフはとても丁寧でこちらの質問にもわかりやすく答えてくれて助かりました。

 

そのおかげで安心してキャッシングを利用することができました。入院の際に必要となる日用品などを急いで買い物して、間にあわせることができホッとしました。その後の返済は、近くのコンビニエンスストアでできましたので、わざわざ銀行に行く手間もなく、忙しい自分にとっても本当に良かったと今では感じています。

 

金利も低く限度額も十分でしたので、これからも困った時には上手に活用していけたらと考えています。とにかくスピーディーな審査とカード発行によって、焦ることなくお金を借りることができて本当に感謝しています。大きな安心感を持ちながらカードローンを利用することができて、とても嬉しかったです。

引っ越し費用を工面するためカードローンを使いました

自分がカードローンの申し込みをしたのは引っ越し費用を作るためでした。引っ越しには色々なお金が掛かる事を承知していたのですが、実際にやってみると出費が多く掛かる事が分かりました。

 

引っ越し費用の中には、部屋を借りる時の初期費用や引っ越し代、エアコンの取り外しと取り付け費用、ガス湯沸かし器の工事、新居で利用する家具や電化製品などの購入費用などで、予め用意した費用はすぐになくなってしまったのです。

 

一番困ったのは引っ越し業者に支払う費用で、引っ越し完了後に費用支払いが必要になるため、即日融資をしてくれるカードローンをインターネットで探しました。銀行が良いと思っていたのですが、口座がなければ即日融資が出来ないなどが分かり、多少金利は高めではありますが、消費者金融のカードローンを利用する事にしました。

 

たまたま、自分が利用した消費者金融は、利用限度額に関係なく契約の翌日から30日間は無利息でお金を貸してくれる会社でした。引っ越し業者に支払う金額は8万円でしたので、20万円もあれば良いだろうと思い、申込書には20万円の金額を記載し申し込みをしました。

 

尚、会社に消費者金融からの電話連絡が入りましたが、在籍確認は特別嫌なものではないと感じたのです。

参考サイト