事業者ローンの審査に関する相談はどこにすべきか

MENU

事業者ローンの審査に関する相談はどこにすべきか

元々慎重な性格で、借金を銀行からするときにも金利や返済のことまでかなり細かく調べてから利用しました。毎月いくらの返済金額になるのかまでかなり細かく計算して、金利の計算でわからないことは担当の相談員に教えてもらいながら計画的に借り入れをしようと思っていました。

 

いくら借り入れるかだいたい見当はつけていましたが、借入金額が少し変化すると金利も大幅に変化したので、一番金利がかからずに安全に返済できる借入金額を算出するためにかなりの時間を費やしました。相談は何度もしてしまいましたが、いつでも丁寧に相談に対応してくれて非常に好印象でした。慎重すぎるくらいに、うるさいくらいに相談をしていましたが、銀行側もしっかり対応してくれたので信用してお金を借りることができました。銀行の過去のことや資金の余裕なども調べたので、それだけでかなり詳しくなれたと思います。

 

あまりにもいろいろ調べていても意味がないですが、おかげで一番都合のよい借り方を発見でき、返済期間も最もコストが少なくなる半年で返済できました。常にトータルコストで計算してお金の用意もしていたので、買い物にかかるリスクも分散でき、返済に関してのストレスも全くありませんでした。

 

審査についての相談はあまり受けてもらえませんでしたが、ネット上の口コミサイトやコミュニティなどで実際に審査に通過できている人の様子や共通点を見つけてできるだけ確実に審査に通れるようにしました。やはり収入や信用情報は大切なようで、今でも支払い関係は気を付けています。

相談はいくらしてもよい

借金をするかどうか決める前の相談はとても大切です。お金の利用目的によっては、その目的別ローンを頼れることもあるので、金利や借入限度額が少しお得なサービスを選べることもあります。銀行には専門の相談窓口があるので、そこで相談すればその銀行ができるすべてのサービスの中から最適なものを教えてくれます。

 

個人事業主向けのサービスや会社向けのサービスとも隣り合っていることがあるので少し緊張してしまいますが、少しでも良いサービスを利用するにはしっかり適したものを選べるようにしましょう。自動車の購入ならば自動車ローン、旅行やお出かけ、出張で利用するならばそれに適したサービスを勧めてくれるので安易に自己判断だけでキャッシングやカードローンを頼らないようにしてください。

ローン契約機の電話も頼ろう

契約中に説明が理解できない場合や、何を書けばよいのかわからない場合には間違って入力する前に備え付けの電話機を遠慮なく活用しましょう。手続きの途中からでも利用でき、銀行によっては電話をすれば担当者が直接来て教えてくれることもあるので安心です。金額や目的はその時点ではあまり聞かれることはなく、手続きの仕方に関してのみ教えてもらえます。

 

審査は本部という場所で行われるため、その場では結果もあまりわからず恥ずかしい思いもしないで済むでしょう。電話機が大きい音でなったりはしないので、安心して質問し、少しでも安全に借り入れしてください。わからないまま放置していれば、間違った入力のせいで審査に落ちることもあります。その審査結果も後々不利になってしまうので、できるだけミスをしないようにしてください。

ホームページの情報もチェック

サービス内容の詳細や注意点などは銀行のホームページからでも確認できます。情報はかなりしっかりと見ておかないといけませんが、それだけ大切な情報も載っています。返済シミュレーションもホームページでできるので、利用前には必ずチェックしましょう。

 

また、近年はスマートフォンの専用アプリもあり、銀行での取引や口座の残高確認をすることもできます。入出金もしっかり行えるようになっているため、それらのツールも駆使して安全に自己管する必要がありますう。ホームページは24時間利用でき、そこから質問をしたり、Q&Aを見てわからない点を解決することもできるので、時間があるときにしっかり内容を確認してください。