審査に通りやすいカードローンとよいサービスの見つけ方

MENU

審査に通りやすいカードローンとよいサービスの見つけ方

カードローンの審査に通過できた私の経験(女性30代)

私は借りられる金額が少し少ないキャッシングではなく、あえて審査にも時間がかかる高額の利用もできるというカードローンを選びました。収入は毎年350万円ほどで、決して十分とは言えませんが、そこそこ余裕はあるので利用限度額50万円までのサービスに申し込めました。もっと年収が良ければ100万円くらいはできそうでしたが、総量規制のこともあるので、控えめに申し込んでおきました。

 

車は持っていますが、何かあったときにはローンの金額が足りなくなると困るので少なめに用意しておくのが一番でしょう。実際に審査では年収と信用情報、利用目的くらいが聞かれた、それ以上の質問や審査はなく、まるでキャッシングのサービスのような感覚で審査を終えることができました

 

かなり気楽でしたが、50万円だと書類なども特に必要ないのでその分楽になったのだと思います。申し込みは事前にインターネットで済ませて置き、仮審査を済ませてから本審査に入りました。銀行にあるローンのお部屋に入って、機械で書類を作っていくだけだったので、他の支払いと同じタイミングで申し込みもできました。

 

最初だけ少し借り入れが必要なようでしたが、その場で返済してしまえばまたいつでも借りたいときにそのローンカードで借り入れができるので便利です。50万円まで借り入れても返済が10000円なので、今は本当に必要な時にだけコンビニから少しだけ借りて使っています。返済はすぐに済ませるので、借金で悩むこともほとんどないです。

 

カードローンの借入の仕組みと審査

カードローンは長期的に便利

カードローンは一般的なローンと同じですが、カードが有れば利用限度額までは借り入れも返済も自由にできるというサービスです。ひとつの信用のバロメータでもあり、キャッシングよりは安心して利用できるサービスです。キャッシングは借り入れごとに審査が必要な場合が多く、返済も自由ではないため、金利が高くなります。

 

カードローンは利用限度額も大きいので、長期的に返済をしていくことを考えて利用すると良いでしょう。近年はキャッシングと呼ばれるサービスでもカードローンのように利用できるサービスが出てきているので、利用する前には十分なチェックを情報収集が必要です。会社も銀行を利用するか、消費者金融を選ぶかで金利が変わるため調査は特にしっかり行いましょう。

 

持っているだけでもOK

カードローンは登録してカードを持っているだけでも良いというサービスなのが人気の理由です。銀行のサービスで、口座開設と同時に登録する方も多く、口座残高が不足した時に頼りになる自動融資を合わせてのサービスに設定されることもあります。万が一に備えて所有しておくというのも良い考え方なので、海外旅行や国内旅行、出張が多い方は1枚だけでも所有しているとお金の万が一の心配が減らせるでしょう。

 

もちろん、持っていれば信用情報には借り入れがなくても登録していることが記載されるので、もし他のサービスに申し込む場合には忘れず申告するようにしましょう。審査の際に、契約数や借入金額の大体の金額が照合されて信用できるかどうかが決まるので重要です。

 

コンビニATMからでも利用できる

大手のカードローンであれば、日本全国どこのコンビニからでもサービスが利用できます。地方銀行では対応できていないこともあり、組合系のサービスの場合には24時間利用できるわけではないので注意しましょう。基本的に新しいサービスであれば24時間コンビニからも借り入れできるため、上手に活用してお金の都合を付けられるようにしましょう。

 

コンビニで利用する時には自分の口座から引き出しているようにしか見えないため、ローン契約機を利用しているよりは安心できます。コンビニ系のネットバンキングからでも振り込みで返済ができるので、忙しい時には特に便利でしょう。24時間開いているコンビニと24時間利用できるカードローンの組み合わせがあれば怖いものはないですね。